7


 




(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 人口減少、中核市移行、財政体質、社会保障 ─ 藤岡理事長に聞く (2015年4月)
【2014年】
● 定時社員総会開催 (2014年3月)
● 3/12「環境学習会(出前講座)」 (2014年3月)
● 2014年度 八王子自治研究センター総会開催 (2014年1月)
● 第5回高齢者支援・共助の街づくりシンポジウム開催 (2014年1月)
【2013年】
● はちこ会 子育て・子育ちを考えるセミナー (2013年3月)
● 12/8 八王子自治研究センター総会開催 (2013年1月)
【2012年】
● 第34回地方自治研集会in神戸 (2012年10月)
● 「高齢者支援・共助のまちづくりを考える市民の集い」開催のお知らせ (2012年10月)
● 中核市移行に関する協議、地方分権推進の立場で職場からの参加を (2012年8月)
● はちこ会 市民集会を開催 (2012年3月)
【2011年】
● 2012年度 八王子自治研究センター総会開催 (2011年12月)
● 八王子自治研センター総会開催 (2011年1月)
【2010年】
● 八王子自治研究センターの取り組み (2010年7月)
【2004年】
● 八王子自治研究センターについて (2004年2月)


はちこ会 市民集会を開催

 八王子自治研究センターは2月26日、八王子の子ども施策を考える市民ネットと共催で「子どもたちを支える仕組みを考える」をテーマにパネルディスカッションを開催しました。
 パネルは笹川自治研センター事務局長の司会で進行し、パネラーは、地域子ども家庭支援センターの中島さん、北野児童館の永井さん、都里親委託等推進員の大神田さんと、コーディネーターに、こども教育宝仙大の前田さんの4人で行われました。


子どもを中心とした支援施策を

 中島さんは、「児童福祉法改正等により市町村が子ども家庭相談の第一義的な相談窓口に位置づけられ、実質的にも子ども家庭支援センターに相談が集中し児童相談所との連携の重要性が増している。また、地域により相談や通告件数のバラツキもあり、保健センターや民生委員との連携の重要性も増している」と述べ、「子どもと家庭に届く支援」の必要性が強調された。
 大神田さんは、児童虐待の深刻化の中で既存の相談・支援体制の限界を感じ、貧困や虐待、DVなどで苦しんでいる子ども・家庭の受け皿を作るために、里親の支援事業に参加した。里親制度を通じて、「子どもは社会(大人)が皆で育てるもの」という社会的養護の考え方も知ってもらいたい。「里子も里親も地域で暮らしている」が、それを地域で支える仕組みがない。
 市や地域の中で「子育て力」を向上させるために、地域の養育家庭を積極的に活用し、地域の中で学校に通いながら、住まい、暮らしていける仕組みつくりの必要性を訴えた。
 永井さんからは、高尾山学園を立ち上げた経緯を説明する中で、学校に行けない子どもたちの支援に向け、家庭、学校、児童館と連携した取り組みの報告があった。


子どもを地域で受けとめる仕組みを

(1)児童館を中・高生を含めすべての子どもたちの「屋根のある公園」として位置づけ、地域と繋がりながら充実を図ること、(2)「大人になってどう地域で自立していくのか?」を念頭に、18歳以降の課題を地域全体の課題として取り組むこと、(3)教育分野との連携や、子どもの一時保護やショートスティーの場の確保、がパネラーから強調された。
 前田さんは、「社会的な養護を必要としている子どもへの既存の枠組みは限界に達しており、新たに地域で受け止める仕組みつくりが必要」とした。


(機関紙「はちおうじ」510号/2012.3.23)0.)

▲top (上のメニューに戻ります)