7


 




(項目をクリックして下さい)
【2015年】
● 人口減少、中核市移行、財政体質、社会保障 ─ 藤岡理事長に聞く (2015年4月)
【2014年】
● 定時社員総会開催 (2014年3月)
● 3/12「環境学習会(出前講座)」 (2014年3月)
● 2014年度 八王子自治研究センター総会開催 (2014年1月)
● 第5回高齢者支援・共助の街づくりシンポジウム開催 (2014年1月)
【2013年】
● はちこ会 子育て・子育ちを考えるセミナー (2013年3月)
● 12/8 八王子自治研究センター総会開催 (2013年1月)
【2012年】
● 第34回地方自治研集会in神戸 (2012年10月)
● 「高齢者支援・共助のまちづくりを考える市民の集い」開催のお知らせ (2012年10月)
● 中核市移行に関する協議、地方分権推進の立場で職場からの参加を (2012年8月)
● はちこ会 市民集会を開催 (2012年3月)
【2011年】
● 2012年度 八王子自治研究センター総会開催 (2011年12月)
● 八王子自治研センター総会開催 (2011年1月)
【2010年】
● 八王子自治研究センターの取り組み (2010年7月)
【2004年】
● 八王子自治研究センターについて (2004年2月)


第34回地方自治研集会in神戸

 「創ろう、市民自治のゆたかな社会」をメインスローガンに10月19日(金)〜22日(日)の日程で第34回地方自治研究集会(兵庫自治研)が兵庫県・国際展示場で開催、初日の全体集会には全国各地から2,500名以上の参加者がありました。
 八王子市職からは笹川副委員長(自治研事務局長)をはじめ、臨職組合、八王子自治研究センターから10名が参加しました。

 

 つながり、支えあい、地域で創ろう私たちのまち
記念講演をする講師の山崎亮さん

 第1日目の記念講演では「まちの幸福論 〜コミュニティが、人を、まちを、社会をつくる」と題してコミュニティ・デザイナー、京都造形芸術大学教授の山崎亮氏が講演。
 人口2,360人の島根県の隠岐諸島、海士町を訪れ、地域住民とコミュニティづくりのワークショップを進めながら、総合計画を作り上げて行くプロジェクトが紹介されました。
 引き続き、シンポジウムでは、災害時から見えてきた平常時の地域のコミュニティの維持・発展の重要性が再確認され、行政・公共サービス労働者・住民・NPO・企業などの連携の必要性をこれまでの実践活動や経験交流を踏まえて議論しました。その中で、自治体職員は『普段から住民とのコミュニケーションをとり、地域のコミュニティと行政を結びつける「コーディネーター」として、地域の問題に取り組んでいくことが求められる』とまとめました。
 第2日目は「新しい公共」と自治体職員の働き方などテーマごとに13の分科会に分かれ、講演やレポート発表が行われ、それぞれの論点や課題を議論しました。
 最終日は「脱原発で新しい地域社会をつくる」をコンセプトに、飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)や片山善博氏(元総務大臣)などのコメンテーターに再生可能エネルギーを中心とした、脱原発社会づくりに向けた議論を行い、3日間の地方自治研究集会が終了しました。

大勢の参加があった神戸国際展示場内

 

(機関紙「はちおうじ」516号/2012.10.31)0.)

▲top (上のメニューに戻ります)