このセミナーは事業本部の中心的な取り組みとなります。
就職し、働き盛りとなり、子育てや住宅、子の教育、退職、再就職、地域活動など生涯にわたる資産形成、必要経費、生きがいなどに関わる情報提供と支援を目的としています。

(項目をクリックして下さい)
【2014年】
● 八王子出張法律相談 毎月1回、無料相談を実施! (2014年1月)
【2013年】
● 八王子出張法律相談 毎月1回、無料相談を実施! (2013年1月)
【2012年】
● 八王子出張法律相談 実施中 (2012年4月)
● 八王子出張法律相談 相談日・担当予定表 (2012年1月)
【2010年】
● 西東京共同法律事務所 無料法律相談 新たに2月から実施! (2010年3月)
【2008年】
● 西東京共同法律事務所の無料法律相談実施 (2008年7月)
【2004年】
● 事業本部情報 (2004年1月)
【2003年】
● (終身)医療保険、公的医療保障が払い込む保険料とのバランスを考慮に (2003年12月)
● 58歳以上の組合員を対象に生活設計セミナーを開催 (2003年5月)
【2002年】
● 再任用・再雇用、自治労共済、労金サービスなど事前説明 (2002年7月)
【2001年】
● 退職後の生活設計、年金、医療が焦点 (2001年9月)
● 年金、医療、新再任用制度の概要を説明 (2001年8月)
● ライフプラン学習会 (2001年7月)
● 「はぴねす」をつうじて豊かな生活情報提供を進めます (2001年2月)

「はぴねす」をつうじて豊かな生活情報提供を進めます 

吉村福利厚生部長

 組合員の皆さん。経済の低迷、自治体財政の危機など二十一世紀という新しい時代を迎えても明るい話題が少ないように感じます。しかし組合では、苦しい時代であっても、むしろ苦しい時代であるからこそ、相互扶助を基本にした福利厚生事業を積極的に進めていこうと考えております。
 具体的にはこの「はぴねす」をつうじて、自治労の団体生命共済・長期共済、自動車共済、火災共済、などの保険事業、ろうきんサービス、組合売店の営業案内、互助会事業、施設割引や物資斡旋、ファミリィーフェスティバルや運動会、文化祭などの事業計画、減税対策、東京都市町村組合の取り組みなど適時にお知らせしていきます。
 また各部会にお願いしてある福利厚生担当者の皆さんをつうじて随時要望も受け付け、「はぴねす」に紹介しながら具体的に実現していきたいと考えております。


再雇用制度、自治労長期共済 市町村共済(公的年金)について

 説明会は組合から藤岡委員長、吉村福利厚生部長が出席し、自治労長期共済の説明は自治労都本部の福祉事業部桂事務局長と小川事務局員が、また市町村共済組合からは永井係長が、制度の概要と具体的な手続きなどの説明をしました。今回は、説明会に先立ち対象となる組合員の皆さんに事前アンケートを実施しました。アンケート結果を見ると、再雇用制度については勤務時間や業務内容などの具体的な労働条件、臨職組合に移行した後の組合の福利厚生事業、自治労長期共済のサービス内容、公的年金の将来的な推移、…などの質問が多くあり、説明会はこの質問事項に応える形で進められました。
 今年度の再雇用職場は、定年退職者を上回る枠組みで確保することができました。しかし希望した職場に採用されるかどうか難しい場合もあります。また勤務時間や休暇制度は原則的に正規職員に準ずることとなっています。
 また長期共済や市町村共済の長期給付(公的年金)については、一般的な制度の学習に踏まえ、個別の説明ができる体制を整えることとします。当日の説明だけではよく分からなかったり、質問等がある場合は、組合まで問い合わせてください。
 なお再雇用で継続する場合は自治労八王子市臨時・非常勤職員組合に移行しますが、組合関係の福利厚生事業や各種サービスは変わりません。また雇用が継続しなくても退職者会(年会費2,000円)の会員であれば、各種割引や自治労の火災共済、自動車共済は利用できます。
 なお今後の予定は、各種手続きや再雇用先の調整など進められます。組合では全体的な交渉については目処をつけましたが、組合員の皆さんのご相談は随時受け付けております。例年、退職ぎりぎりの段階での相談が多くありますが、できるだけ早い時期での対処が必要です。組合への問合せは、吉村執行委員、または森特別執行委員(市議)、その他だれでも結構です。(プライバシー厳守は当然です)

本庁売店―営業時間延長のお知らせ
本庁売店の営業時間を下記のとおりとします。
2月1日以降
   開店 8時15分
   閉店 5時30分

 

(「ざ・はぴねす」34号/2001年2月号)
▲top (上のメニューに戻ります)