日常(消費)生活の中には、反社会的で悪質なセールスやサラ金、ヤミ金業などが横行しています。こうした情報について、できるだけ具体的な情報を提供すると共に、優良な事業や商店について広く宣伝するためのコーナーです。もちろん情報提供者の秘密保持は堅守されています。

(項目をクリックして下さい)
【2010年】
● 西東京バス バス共通カードのサービス終了 (2010年3月)
【2008年】
● 多重債務 解決方法を探る (2008年4月)
【2007年】
● 架空請求、振込み詐欺、八王子市内で多発 (2007年7月)
● サラ金・多重債務根絶!「この程度なら」の甘さが悲劇を生む (2007年3月)
【2006年】
● 貸金業規制法 グレーゾーン撤廃で一部改善 (2006年12月)
● 住宅購入は生涯の事業 (2006年8月)
● 消費者金融(サラ金)のグレーゾーンの利率を廃止し引き下げを (2006年7月)
● 署名のお願い クレ・サラ(消費者金融)の金利引き下げ等を求める請願書 (2006年6月)
● 消費者金融(サラ金)大手アイフルついに業務停止処分 (2006年4月)
● 深刻化する多重債務問題 (2006年3月)
【2005年】
● 住宅ローン、借り換えのチャンス (2005年11月)
● ローンと保険(下)〜ライフプランを考える〜 (2005年9月)
● ローンと保険(中)〜「必要な保障」と「無駄な保険」の検証を〜 (2005年9月)
● ローンと保険(上)〜ローンの真実を考える〜 (2005年7月)
● クレジットカードのリボ払いにご注意を (2005年1月)
【2004年】
● サラ金・クレジットカードから絶縁を! (2004年12月)
● 消費生活情報・架空請求には絶対に応じないで下さい! (2004年11月)
● サラ金・カードローンから縁切りを (2004年2月)
【2003年】
● サラ金・カードローンに潜むヤミ金の悪魔 (2003年8月)
● カード地獄から生活を守る7カ条 (2003年5月)
● 消費者金融(サラ金)の反社会を衝く (2003年4月)
【2002年】
● パンとカフェとインドアガーデンのお宅 (2002年12月)
● ヤフー・BB/BBフォン販売代理店(株)エムティーアイの押しつけ販売、組合に相談相次ぐ (2002年10月)
● 近畿日本ツーリストについて (2002年9月)
● 自治労共済その2 (2002年5月)
● 自治労共済 (2002年3月)
● 小門町の平(タイヤマン)ゴム工業所について (2002年1月)
【2001年】
● 携帯電話に関するトラブル(高額請求問題) (2001年12月)
● 係の歓送迎会で食中毒発生店から何の説明、謝罪もなし (2001年11月)
● 消費生活情報をはぴねすに記載します (2001年8月)
● 「熱海岡本ホテル」 (2001年10月)

消費生活情報をはぴねすに記載します 

 組合員の消費生活に関する情報をはぴねすに掲載し、情報の共有化を進めます。同時にこれを通じて優良店の評価と悪質業者の淘汰が図られ、(多少大げさですが)地域経済の健全な発展につながることを期待します。

 これまで組合は、市内小売業者、デパート、各種保養・遊戯施設、ペンション、民宿などと指定店契約を結び、組合員の福利増進の取り組みを進めてきました。指定店契約を結ぶ際の基準は、(1)良質・安全であること。(2)継続的な信頼関係が維持できること。(3)安価であること。(4)組合の福利厚生と諸活動に理解があること。(5)地場産業の増進につながること。…などを基本に据えて判断してきました。
 指定店の場合は、事前に契約を結び、組合員に対するサービスが確保できることになっていますが、まれに適切な対応がされなかったり、ユーザーである組合員に不快な印象を与えるようなこともありました。こうした情報を確認した場合、執行部は直ちに対応し改善するか契約解除等で対処してきました 。

優良業者の保護育成のための情報公開

 しかし今回の消費生活情報の公開は、組合指定店にとどまらず、組合員の皆さんが日常的な消費活動の中で気の付いた点(悪い面だけでなく、よい面も含めて)をはぴねす上で共有化するものです。どんな小さなことでも結構ですので情報の提供をお願いします。
 なお掲載にあたって、情報提供者は匿名とします。しかし組合への匿名情報は掲載しません。掲載した内容について、商店側が弁明、説明を求めた場合はそれも掲載します。公序良俗に反する内容は取り扱いません。対象は消費生活にかかわるすべてとします。
【悪質業者の例】
 夏の旅行の予約をA旅行会社の窓口で予約し、乗車券の販売開始日以降、連絡してもらうことになりました。しかし、乗車券販売日が過ぎても連絡が無く、旅行会社に問い合わせると「予約の受付が無い」との返事でした。窓口担当者の名前をメモしていたので問い合わせると、今度は「予約が殺到して取れなかった」との返事です。予約が取れなかったことの連絡も無いことについて問い合わせると、生返事を繰り返すだけで埒(らち)があきません。
 楽しみにしていた旅行も不愉快な思い出になってしまいました。…Aは社名を記載します。

(「ざ・はぴねす」40号/2001年8月号)
▲top (上のメニューに戻ります)